島根県にある医学部専門の予備校に通ってそこで受験勉強をした

医学部生の受験記③

その予備校の授業は少人数制だったことが私が気に入った理由で、分からないところがあれば気軽に講師に質問できるのが素晴らしいと感じました。
また担任制を採用していて悩み事があればいつでも聞いてくれる体制になっていて、さらに一人一人に合ったカリキュラムを作成してくれるので自分に合った予備校だと思ったのです。
そのため私は直ぐにその予備校に通うことにしたのですが、土日関係なく毎日授業が入っていたのでとてもきつかったです。
また夏休みには夏期講習があり冬休みには冬期講習があって朝から晩まで勉強をしていたので休む暇もなかったのですが、そのおかげで成績は飛躍的に向上して学校の先生も驚くほどでした。
私は成績が上がったことによって自信が付いたのですが、それ以上にここまで勉強したのだから落ちる分けがないと言う気になっていました。
そのようなこともあって試験当日も全く緊張することなく、平常心で試験に臨めて何とか受かることが出来たので本当に良かったです。

医学部生の受験記① | 医学部生の受験記② | 医学部生の受験記③